助成金 保険手続 事業活動

 新たに人を採用すると助成金が出るって聞いたけど ・・・
 
会社を設立するなどで新たに人を雇い入れる場合など、起業する際には何らかの 助成金支給されることが多くあります。また景気の変動等にともなう生産調整などの理由で 雇用調整を行う場合にも支給されることがあります。
こうした助成金を獲得するためには、 十分な知識と情報源をもつキャリアの豊富な専門家のアドバイスが不可欠です。 また手続きに関しても、 事業計画書などさまざまな添付書類の作成が要求され、 審査にあたっては 支給先との折衝 を必要とする場合があるため一般の方が申請をするにはかなりの時間と労力を必要とします。
経験豊かな社会保険労務士に依頼することで、 一切の面倒な手間をかけずに助成金を取得することができます。
    主な助成金の例
 
@ 新たに高年齢者、障害者を雇い入れた ・・・ 特定求職者雇用開発助成金
A 中小企業において労働力の確保のための雇用管理改善を行った ・・・ 中小企業基盤人材確保助成金
B 事業活動の縮小に伴い雇用調整を行った ・・・ 雇用調整助成金
C 定年の引き上げや定年の定めの廃止を実施した ・・・ 定年引き上げ等奨励金
D 介護保険事業を立ち上げるために特定労働者を雇い入れた ・・・ 介護基盤人材確保等助成金
  そのほか、さまざまなケースに応じて助成金の対象になるかどうかを検討のうえ アドバイスし、支給申請手続きをいたします。
    △ このページのTOPへ
     
会社を設立して人を雇いたい ・・・
 

労働者ための公的保険には、
業務上の疾病やけがを負ったときの補償のための労災保険、 労働者が失業あるいは雇用の継続が困難となる事由が生じた場合の 生活および雇用の安定をはかるための雇用保険、 業務外の傷病やけがをした場合などの保険給付を行う健康保険、 そして労働者の老齢、障害または死亡について保険給付を行い、 労働者およびその家族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とした 厚生年金保険があります。 どれも労働者の生活を守るために加入するべき公的保険制度です。
 それぞれについて、 会社を設立して従業員を採用するとき、 従業員が退職するときのみならず会社あるいは従業員に何らかの変更が生じたときなど 手続きを必要とします。 その手続きを怠りなくまた間違いなく行うことは大変な手間ひまがかかるので、 その道の専門家である社会保険労務士にまかせることで会社の本来の仕事に専念することができます。

    △ このページのTOPへ