債務整理

西森総合事務所Home > 債務整理
 借りては返す自転車操業の現状をどうにかしたい ・・・
 

債務整理という言葉自体は最近よく耳にされる方も多くなりましたが、 実際どのような手続きかというと、大きく分けて任意整理・自己破産・個人再生・ 特定調停の4つに分けられます。
今お客様が毎月の返済でお困りでしたら、まず現在の債務の状況を調査し、 今後の生活の再建を一番に考えて一番適切な手続きを選択し、進めていきます。

     
 任意整理とは、司法書士や弁護士が、債務者に代わって、消費者金融等の債権者 と交渉し、現在の債務残高を利息制限法で引き直して出た金額を、原則3年〜5年 で分割返済する手続きです。
     
 自分のもっている資産では全ての債権者に対して完全に弁済することができなくなった場合に、 裁判所に破産の申立てをし、免責の決定を得ることで、 最低限の生活用品などを除いた全ての財産(住宅も含む)を換価して 返済しても残った債務が免除される手続きです。
     
 継続して収入を得る見込みがある等、 一定基準を満たした場合に、裁判所に申立ることによって、 借金の金額を「100万円又は総額の5分の1」に圧縮した上で、 減額後の借金を原則3年間で返済していく手続きです。
又、「住宅ローン特則」を使うことによって今まで通り住宅ローンの支払いを続けることができ、 住まいを手放さずに進められます。
     
 簡易裁判所において、今後の返済が可能である事を前提として、 利息制限法で引き直した債務の金額を3年間で支払う約束を債権者との間でする手続きです。 話し合いによっては3年以上の期間が認められる場合もあります。
     
     
    △ このページのTOPへ