相続手続 遺言書作成 遺産

 父が亡くなったので名義変更したい ・・
 

ご家族が亡くなり、相続が開始するとご遺族の大きな悲しみにかかわらず、 多くの、そして複雑な問題が発生し、必要な手続きも煩雑で、 何から手をつければ良いのか分からなくなってしまいます。 そのような時に少しでもご家族の負担が軽くなればという思いでお手伝いさせて頂きます。

     
遺産整理業務
人が亡くなってその方の遺産をどのように整理するのかは、 遺言書がある場合とない場合とでは処理方法が異なります。 遺言書がある場合はそれが自筆遺言書なのかそれとも公正証書遺言書なのかによっても違ってきます。 処理方法の違いで賢明に分配すればかからなかった相続税がかかってくるといったケースも起こりえます。 十分な法律知識がないためにスムーズな遺産の分配ができなかったり、 いらぬ紛争をのちのち引き起こす結果となることもあります。
相続人がそれぞれ忙しいなかで遺産整理をすることは大変な時間と労力を必要とし、 法律知識が十分でなかったために思わぬトラブルを生じることもあります。
当事務所では、死亡に伴う各種届出遺言書検認申立手続き相続人の確認遺産概要の把握遺産の分割協議健康保険証変更手続き遺族年金への変更手続きなどの 面倒な手続きを一括して行いますので相続人が手を煩わせることなく、 最終的な遺産分割、相続にともなう所有権移転登記までスムーズに行うことができます。
 
@ 被相続人が亡くなる(7日以内に区市町村長に死亡届を提出します。)
         
A 遺言書の有無を確認する(遺言書の種類により、家庭裁判所の検認が必要)
         
B 相続財産を確認する(リストを作成し、遺産の種類、財産評価を明示)
         
C 相続人を確定する
         
D 単純承認・限定承認・相続放棄の手続き(相続を知った時から3ヶ月以内)
         
E 遺産分割協議書の作成
         
F 遺産の分配・名義変更・相続登記を行う
         
G 被相続人が亡くなる(7日以内に区市町村長に死亡届を提出します。)
   
※相続財産が一定の基準を超える場合 は、原則10ヶ月以内に税務署への申告・納税が必要になります。
※当事務所にご依頼頂くメリット
各種の専門家の連携により、トータルでアドバイスをさせて頂くため、 それぞれの手続きを依頼する手間が省くことができます。
    △ このページのTOPへ 
 
自分にもしものことがあった時のために遺言書を作りたい ・・・
 

 人が亡くなってその方の遺産をどのように整理するのかは、 も公正証書遺言書なのかによっても違ってきます。 処理方法の違いで賢明に分配すればかからなかった相続税がかかってくるといったケースも起こりえます。 十分な法律知識がないためにスムーズな遺産の分配ができなかったり、 いらぬ紛争をのちのち引き起こす結果となることもあります。  相続人がそれぞれ忙しいなかで遺産整理をすることは大変な時間と労力を必要とし、 法律知識が十分でなかったために思わぬトラブルを生じることもあります。  当事務所では、死亡に伴う各種届出、遺言書検認申立手続き、相続人の確認、遺産概要の把握、 遺産の分割協議、健康保険証変更手続き、遺族年金への変更手続きなどの面倒な手続きを一括して行いますので 相続人が手を煩わせることなく、最終的な遺産分割、相続にともなう所有権移転登記までスムーズに行うことができます。 遺された家族や知人に対する最後のメッセージである遺言書は、 生前伝えられなかった思いを伝えるチャンスであるばかりでなく、相続が開始した後の争いを防ぐことができます。
 しかし、遺言書の方式には、各々一定の決まり事がある為、せっかく作成したのに、 様式不備で無効になってしまうことが無いよう、アドバイスさせて頂きます。

     
自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
 要式
@ 全文自筆
A 日付
B 署名・押印
@ 公証人に遺言の趣旨を口授
A 公証人が口述筆記し、遺言者に確認
B 証人2人以上の署名・押印
C 公証人が署名・押印
@ 遺言者作成の文書に押印
A 遺言者が封印
B 公証人・証人2人以上の前に自己の遺言書として提出
C 公証人が署名・押印
 メリット
内容を秘密にできる。
手軽に作成できる。
偽造・改ざんのリスク少ない
遺言の効力を巡る紛争の防止
内容を秘密にできる
偽造・改ざんのリスク少ない
 デメリット
偽造・改ざんの危険性
死後発見されない恐れ
費用がかかる
内容が証人等に知られる
内容に問題があっても手軽に作成できる。
 
    △ このページのTOPへ